待ちに待った春!冬のコートから春のコートに衣替え

待ちに待った春!冬のコートから春のコートに衣替え

朝晩はまだまだ風が冷たい日もありますが、日中の日差しはとても暖かく、ランチの後はついうとうとしてしまいそうな毎日ですね。そんなポカポカの日差しを浴びていると「あ〜春が来たなぁ」と実感します。冬のコートから春のコートに変わる時、重いブーツから春の靴へ変えた時、心もウキウキと足取りも軽くなります。服の色も心なしか明るい色が増え、ショッピングにお出かけするのも楽しいですね。

 

そんなある春の日、学生時代の友人から連絡があり「久々にみんなで集まってランチでもしよう」ということになりました。小さな子供がいる友人もいるので、気兼ねなく過ごせるようにと、場所はレストランではなく友人宅になりました。

 

久しぶりに集まり、春という季節のせいか話題も自分達の卒業や入学を思い出し、懐かしく思いながら過ごす時間。そんな中、友人がサプライズとばかりに取りだしたのはたまご形のカプセルが沢山詰まったバケツでした。

 

クリスマスやハロウィンは日本でもとてもメジャーになった1日ですが、イースターという日も最近では聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?イースターはキリスト教の祭日にあたり、重要なお祝いの日だそうです。その日を祝うイベントのひとつに、カラフルにペイントされたゆでたまごを子供達が探し出す、というものがあります。

 

友人はそれを真似て、カラフルなたまごカプセルにグミやチョコなど子供達が大好きなお菓子を詰めて、時々空っぽのハズレも作ったりしてそれらを家中に隠しました。宝探しのごとく!エッグハントの始まりです!!子供達の駆けまわる足音と、大きな歓声の中、うららかな春の日が一転して賑やかな春に日になる、楽しいひとときでした。